イメージ画像

酵素ダイエットと睡眠の関係

ダイエットを行うためには健康的な食事をして適度な運動をすることが常識ですが、酵素を体内で効率よく働かせることで寝ながらにしてダイエットをすることが出来るのです。睡眠不足の時ほどお腹が減ったような気がするという経験はないでしょうか。普段は脂肪細胞の中に含まれるレプチンという物質が満腹感をもたらし過剰な食物摂取を抑えているのですが、睡眠不足の時はそのレプチンが正常に働かなくなり結果として満腹感を感じなくなるからなのです。また食事の時間が遅くなるとお腹に入っている食べ物も消化されないまま眠る事になりますから、体内酵素が脂肪の代謝に使われなくなり太ってしまうわけです。その仕組みを知ったうえでどうすれば寝ながら痩せることができるのかを説明したいと思います。体内酵素は夜間に活動が活発になるため睡眠に入る前にお風呂で体を温めて下さい。ぬるめのお湯で半身浴を行うと効果的です。夏場には暑いからと言ってエアコンを効かせすぎると良くありません。またアルコールも睡眠中の脳を興奮させてしまい途中で起きてしまうことが多くなりますので控えて下さい。要するに寝る前には食べない事や良質の睡眠をとる事で代謝酵素が活発に働き、寝ている間に自然と痩せていくのです。つまり酵素ダイエットと睡眠は深く関わっているわけです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ